【東京モーターショー出品車】いすゞ、既存車種の魅力的な派生車は量産化も間近か

自動車 ニューモデル モーターショー

ブイ・エックス・オー・ツー
VX-O2


車名がすべてを物語る。O2、つまり酸素がたっぷりなビークロスというわけだ。ハードトップは折りたたみ式でトランク内へ収納される。デトロイトやフランクフルトにも展示されて好評だった、人呼んで“オフロードスター”。








ミュー・ソラリス
Mu SOLARIS

クルマだけに興味があるわけではない女性や若者を対象にした、手軽で楽しいSUVをMuをベースに仕立て上げた。デザイン・テーマは「キュート&シック」、カラーリングや素材の使い方などをショー会場では気を付けて見よう。




ウィザード・エル・エス・イー・リミテッド
Wizard LSE-Limited

4WDイコール・アウトドア、という画一的なクルマ選びから、本質的な価値基準でクルマを選ぶ時代に、上質なライフタイルを演出するSUV。SUVスペシャリストとしてはSUVのさまざまな在り方を研究しなければならない。レクサスやインフィニティなどの高級SUVにたいするいすゞからの解答だともいえる。




ビッグホーン・プレジール・ツー・スターストリーム
Bighorn Plaisir II Srar Stream

スターストリームとは一群の恒星がある一定の方向に動く(動いて見える)現象。いすゞにとってSUVの本流であるビッグホーンが、カテゴリー全体の方向付けをすべく走っていくイメージ。










《高木啓》

《PR》関連記事

おすすめの商品