【東京モーターショー出品車】空力ボディと直噴ディーゼルで、「3・カー」完成 | レスポンス(Response.jp)

【東京モーターショー出品車】空力ボディと直噴ディーゼルで、「3・カー」完成

自動車 ニューモデル モーターショー

サイパクト
Cypact


ヨーロッパで最近話題沸騰の3カー。3とは、「3の燃料で100km走れる」ということで、ヨーロッパ燃費競争の大きなターゲットとして掲げられてきた。いままで、直噴エンジンやCVTなどの低燃費技術を積極的にアピールしてきた日産だが、このサイパクトでついに3カーをクリアした。



ヨーロッパのメーカーでは、すでにフォルクスワーゲン(VW)がルポで達成し、すでに市販化にこぎ着けている。しかしこのサイパクトはまだコンセプトカーだ。また9月に行われたフランクフルトショーですでに公開されており、ディーゼルを採用していることからも、おもに欧州市場をターゲットにした商品企画といえる。





エンジンはVWと同じディーゼルを採用。排気量は明かされていないが、エンジニアのコメントによると1から1.5であるという。軽量化とフリクションロスの低減、コモンレールの燃料噴射システムによって、燃費を向上させた。最高出力は75ps。同時に空力特性に優れたエクステリア・デザインを採用し、高速走行時の燃費を向上させている。ちなみにVWルポでも、3カーにはノーマルとは異なる空力ボディを採用している。全長×全幅×全高=3740×1630×1420mm。










《》

おすすめの商品