【東京モーターショー出品車】ホンダ『不夜城』トレンドの中に合理的なアイデアが光るシティコミューター | レスポンス(Response.jp)

【東京モーターショー出品車】ホンダ『不夜城』トレンドの中に合理的なアイデアが光るシティコミューター

自動車 ニューモデル モーターショー

不夜城
Fuyajo


4つのコンセプトカーのうち、日本のプロジェクト・リサーチセンターのWAVEで企画されたのが不夜城。ネーミングは、眠らない町「東京」からきており、クラブ感覚のインテリアやボディカラーにイメージを反映させている。







シートは斬新な半腰かけ式。どうせ長距離を移動しないのだからきちんと座らせる必要はない、という割り切りからの発想だ。これによりMCCスマートと大きく変わらない全長のなかに4人が乗ることができる。



パワーユニットはインサイトで市販化されたハイブリッドシステムIMAを搭載。ちなみに他の3台はFCXにFC、スポーケットにレシプロエンジン、ノイコムに電気自動車と、パワーユニットにバリエーションをもたせたという。








《レスポンス編集部》

特集

おすすめの商品