【東京モーターショー出品車】ホンダ、セダンボディの床下にすべてを収めた燃料電池カー | レスポンス(Response.jp)

【東京モーターショー出品車】ホンダ、セダンボディの床下にすべてを収めた燃料電池カー

自動車 ニューモデル モーターショー

エフ・シー・エックス
FCX


ホンダ初のフューエルセル(燃料電池)ビークルのコンセプト。メタノールを燃料として水素を取り出し、FCスタックとよばれる燃料電池内で化学反応を起こして、電気をとりだす。これらシステムはすべてフロアの下に収まり、センタートンネルもなく、室内スペースを犠牲にしないという。フロアは完全にフラットに仕上がっている。





日本のデザインチームが手がけたエクステリアは、ショートノーズ、ロングキャビン。基本的にノーズにはモーターしかないので短く切り詰めることができた、とデザイナーはいう。世界中のメーカーが開発に着手しているFCビークルだが、どこも実用化には達していない。ホンダではとりあえず2003年をめどに市販したい意向のようだ












《》

特集

おすすめの商品